コラーゲンとヒアルロン酸は

ヒアルロン酸やコラーゲンは、お肌に良く、体作りにも役立つマテリアルだと言われています。保湿力があるというヒアルロン酸や、コラーゲンは、関節痛の解消に素晴らしい結果、同時に使う自身もいるようです。やり方が似てはいますが、コラーゲンと、ヒアルロン酸は、カラダにもたらす煽りが違う。アミノ酸に分類されるコラーゲンは、細胞という細胞を結び付けるマテリアルだ。うるおいといった、張りのある表皮をキープします。コラーゲンは、体内に存在するたんぱく質の、30%を占めている。ヒアルロン酸は糖類に分類されるもので、体のあちこちに必要とされています。ヒアルロン酸は非常に保水力が厳しく、1gのヒアルロン酸で6リットルの水を保持しておくことができます。肌荒れが起きるのは、ヒアルロン酸が表皮から失われた歳月だと言われています。お肌を拡大すると、網のまぶたのようにコラーゲンが存在していて、網目といった網目の間にヒアルロン酸があるといいます。コラーゲンがヒアルロン酸を支えてあるため、表皮には十分な湿気が保たれます。皮膚のを形成しているものにコラーゲンとヒアルロン酸が関わることが、表皮の湿気をつくっている。ヒアルロン酸というコラーゲンは、関節部分の軟骨にも存在し、関節作用を維持している。コラーゲンといったヒアルロン酸が欠乏すると軟骨が少なくなって、関節同士が突き当たり易くなり、疼痛を生じます。関節痛にもコラーゲンというヒアルロン酸が求められるのは、この為だ。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ