変動相場制とは

世界の為替相場制度は現在は変動相場制が使われています。変動相場制とは、外貨を需要と供給に応じて決定させる為替相場のことです。

よく耳にするのが外国為替市場での取引でという言葉です。外国為替市場という場所が現実に存在するわけでなく、全部の外国為替を取引する場所のことをいいます。

固定相場制というのは変動相場制に対して、原則的に為替相場が固定化されているというものです。

かつては日本円は固定相場制の対象となっており当時は1ドルが360円でした。

中央銀行の市場介入によって為替相場の操作を行うことも今の変動相場制ではあるので、きっちりとした変動相場制とは言えない部分もあるようです。

変動相場制によって国家間の通貨のバランスが調整されるため、外貨準備の過不足問題や、国内外の均衡を保てる効果があります。

変動相場制は投機のリスクが高いので、効果的に為替投機を抑えることができます。

その反対に国際間の取引をしている企業のリスクが大きくなるというデメリットが、変動為替相場制にすることで生じます。

高い為替投機のリスクがあるので、それにより長期の国債投資が抑えられます。

最近の変動為替相場制はそれぞれの国の貿易収支不均衡の問題など、さまざまな課題があるようです。

何度も崩れかけていますが各国の協調介入などで対応し、何とか変動為替相場制を支えてるという状態です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ