外国為替手数料の比較

外国為替手数料は、海外に送金する時や、日本円を外貨に変える時に発生する手数料です。

比較をして外国為替手数料を確認することで、利用する金融機関を探せます。

外国為替手数料を上乗せした上で日本円を支払うことで、必要とする外国通貨が得られます。

銀行の儲けとして外国為替手数料があるわけですが、どの金融機関で交換してもらうかで、その内容は随分と違います。

もしも、数十万円以上の海外送金をしなければならない時は、外国為替手数料が少ない銀行を探すようにしましょう。

いろいろな金融機関を比較してみると、アメリカドルについてはほとんどの銀行と郵便局で外国為替手数料は1円です。

82万円の日本円をアメリカドルに変えたい場合、手数料を入れて83万円かかります。

基本的には、ネットバンキングの方が、実店舗のある銀行より手数料は低めです。

豪ドル、ニュージーランドドル、ポンドを日本円から交換する時の手数料は、銀行によって異なっています。

都市銀行を利用して外貨の両替や海外送金を行う場合と比較すると、手数料が高い傾向があります。

送金手数利用は郵便局でも安めですが、外国為替手数料に関しては都市銀行と同程度です。

都市銀行とシティバンクの外国為替手数料を比較した場合、シティバンクの方が安いようです。

外貨両替や海外送金をする場合にはさまざまな銀行やネットバンクの為替手数料を比較することをおすすめします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ