大学の就職偏差値にはどんな特徴があるの

大学の就職偏差値にはどんな特徴があるのでしょうか。近ごろ大学生の就職内定率が低調気味です。単に偏差値の高低だけで大学を選ぶのではなく就職率の高さで大学を選ぶ人もふえています。大学生の人気企業ランキングや、日経平均株価指数の採用銘柄から有力企業を400社選び企業への就職率をランキング化したようなデータもあります。非常に大事な大学選びの要因としてあげられるのが、その大学の就職率の高さだといえるでしょう。就職内定率が高い大学や、年収の高い企業への就職率を誇る大学がすべて高い偏差値の大学というわけではないようです。今後大学選びで必要なのは、大学を出た後にどんな企業で働きたいのかも考えることで、偏差値や環境、専攻内容だけを条件にする時代ではないといえるでしょう。入学偏差値は名の知れた大学ほど高くはない小樽商科大学は、2012年度の就職実績が優秀だったとして有名になったといいます。小樽商科大学は実戦的なキャリア教育に力を入れており、就職実績では名門大学ともいえます。活躍している卒業生は多く、大企業でも評価が依然として高いようです。偏差値がそんなに高くない大学にもし入学しても、就職時には無縁ということもよくあるのです。しっかりとした大学の就職支援や就職まで見通した教育内容であれば、不可能ではないのが偏差値に振り回されずに有名な企業へ就職することです。 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ