配役開始の会見時に注意すべき詳細

では次に、セレクト会見でやってはいけない要所について講評ください。数々のことが、会見ではしてはいけないことに測量されています。例えば、窮乏ゆすりや、髪にさわったり、乗り物やこぶしを組んだりといった演技があります。相手にマイナスのイメージを与える動きは、ぜひ控えるようにください。プレッシャーしたり、ソワソワすると、意識しないままにこれらの演技をしてしまう自分もいますので、気をつけましょう。腕組みや、乗り物を組んで腰掛けることは、目上の自分に対して始めるやり方ではありませんので、会見の時はしないように心がけたいものです。ですから、セレクト会見の際は、意識して、こういった演技をしないようにしなくてはいけません。きちんとした敬語によることは、肝といえます。敬語が賢く使えず、また緊張して掛かる事もあって、ちらっとタメ口をきいてしまって、セレクト会見が台無しになったというダイアログもあります。その反対に、敬語を繰り返しすぎて、聴き難い言葉になることもあります。敬語が超える言い回しも、場合によっては慇懃無礼に感じられるものです。日常的に敬語を使うタイミングをつくって、敬語混じりの話し方をとちったりしないように気をつけることか、会見戦法になります。会見の場で口癖が出て、セレクトを逃してしまうということがないように気をつけましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ