高収入の仕事というイメージが定着しているのが医者の仕事

高収入の仕事というイメージが定着しているのが医者の仕事ですが、本当のところはどうなのでしょうか。ある統計資料によると医師の平均月収は88万円、ボーナスを含む推定年収は1,000万円を越えています。医師の仕事が高収入なのはうそではありませんが、勤務状況や年齢やによってかなり幅があるのも事実です。国家試験にパスしたばかりの研修医は、やはり高収入とはいえません。月収10万円以下というケースも以前はあったのが研修医というものです。月収30万円程度になるように、国からの勧告が2004年度からはあるといいます。収入は突然上がるのは、研修医を終えて一人前の医者になったときです。ただし開業医になるか、大学病院に入るか、民間の病院で勤務するかでも医者の収入は異なります。収入は医者と一口に言っても、診療科によっても違うものなので、外科系が高収入の仕事となり、歯科や眼科は低額になりやすいといいます。30代に入るころ、どんな形で仕事をするかで高収入になるかは異なります。うまく開業医としてやっていければ、かなりの高収入の仕事といえるのではないでしょうか。50代から年収があまり増えないのが医者の仕事なので、最後に医師よりも高収入になるのは一般企業のエリートサラリーマンのほうかもしれません。 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ